「ヘモグロビンA1c」の記事一覧

血糖値 ヘモグロビンA1c

ヘモググロビンA1cとは過去1~2ヶ月の平均的な血糖値のコントロール状態を表す数字で、ヘモググロビンA1cの数字が糖尿病にとって最も大事になります。空腹時の血糖値や食後2時間の血糖値は、自分で血糖測定して管理することも可能ですが、このヘモググロビンA1cの数字は・・・

血糖値 正常値

血糖値の正常値とは、あらゆる年齢や男女差などの項目を考慮して決められた数字です。そのため、この正常値を超える方は生活習慣を見直す必要があります。今回気を付けていただきたいのは、空腹時血糖値が100mg/dl~110mg/dl未満の正常値だけど高目・・・

糖尿病 検査

糖尿病は、検査の病気であると言われます。これは糖尿病は自覚症状がないので、1ヶ月~3ヶ月に1回は検査を行い自分の血糖値の状況を確認する必要があるからです。糖尿病の方は、検査を行い良好な血糖値のコントロールを続けていれば、健康な人と同じ生活も可能なのです。

血糖値 検査

血糖値の検査は、糖尿病の基本です。月に1回病院で行う方法と、自分で血糖値の検査を行う方法があります。糖尿病は自覚症状がほとんどない病気なので、出来れば自分で空腹時血糖値と食後2時間の血糖値の検査を行って正常値かどうか確認する・・・

ヘモグロビンA1c 平均

ヘモグロビンA1c 平均を下げる法則。「食後2時間の血糖値平均を下げる→空腹時血糖値の平均が下がる→ヘモグロビンA1c血糖値の平均も下がる→健康人の完成」 です!ヘモグロビンA1cの平均値とは、過去1~2ヶ月の平均的な血糖値のコントロール・・・

ブドウ糖負荷試験(OGTT)

ブドウ糖負荷試験(OGTT)についてです。会社などの健康診断で朝の空腹時血糖値に異常が見つかると、このブドウ糖負荷試験(OGTT)を病院にて受診するように言われます。このブドウ糖負荷試験(OGTT)とは、糖尿病かどうかを最終的に判断・・・

血糖値 基準

基本的な血糖値の基準やいくつくか発表された新しい基準などもご紹介します。2006年の厚生労働省の調査では、「日本人の1,870万人が糖尿病または境界型糖尿病である。つまり、日本人の成人の6人に1人は糖尿病である。」という基準を発表しました。

血糖値 下げる

血糖値を下げるいくつかの方法を紹介します。まず血糖値を下げるには食事を気を付けるのが一番です。しかし、この食事を気を付けるというのが一番大変で、血糖値を下げるのが大変なのです。そこで、血糖値を下げる他の方法も一緒にご紹介しましょう。
サブコンテンツ

特定保健用食品のコーヒーお試し540円

お知らせ

2012年4月からヘモグロビンA1cは、JDS値からNGSP値を使用するようになりました。当サイト内のヘモグロビンA1cはJDS値です。NGSP値に変換するには、0.4%加算して下さい。

このページの先頭へ