血糖値 測定

ブドウ糖負荷試験などの血糖値の測定結果で糖尿病と診断されると、自分で血糖値を測定する事が非常に大切になります。インスリン注射の方以外は保険の対象外になりますが、血糖値の測定を行い良好なコントロールを目指して下さい。

血糖値の測定は、血糖値コントロールのために必要不可欠です。HbA1cが5.8%以上の方からは血糖値を測定して管理する事をお勧めします。血糖値を測定するメリットは、測定結果を見て食事の内容や量を見直したり調整出来ることです。また、食事を見れば、これを食べるとどのくらい血糖値が上がるだろうと予測出来るようにもなります。外食の時に非常に有効ですよね。詳しくは「カーボカウント やり方」 「糖質制限食 やり方」で書きました。 

血糖値の測定  目標の測定結果

血糖値測定  空腹時血糖値(mg/dl) 食後2時間(mg/dl)
正常型 100mg/dl未満  正常型  140mg/dl未満
正常高値 100mg/dl~110mg/dl未満
境界型糖尿病 110mg/dl~126mg/dl未満 140mg/dl~200mg/dl未満
糖尿病 126mg/dl以上 200mg/dl以上


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ヘモグロビンA1cの測定(1~2ヶ月の血糖値の平均を表します)

HbA1c測定 可・不十分 可・不良 不可
ヘモグロビンA1c 5.8%
未満
5.8%~6.5%未満 6.5%~7.0%未満 7.0%~8.0%未満 8.0%
以上


血糖値 測定器 テルモ メディセーフミニ

血糖値測定器について、私の使用している「テルモ メディセーフミニ」でご説明します。

測定器の価格は消耗品の有無により、12,000円~16,000円ほどです。消耗品の針は30本入りが500円、測定チップ(センサー)が25個入りで2,700円~3,000円となっています。

1回の血糖値測定で130円ほどかかります。安いものではありませんが、血糖値を測定するには必要なものです。HbA1cが5.8%以上の方は毎日でなくても血糖値を測定した方がいいです。

血糖値を測定するのは、主に起床時の空腹時血糖値と食事の2時間後の血糖値の測定です。この2つの測定結果が糖尿病の判定基準に使われているからです。

血糖値の測定は、指先に針を刺してほんの少し出血させてチップに吸引させます。吸引後10秒で測定結果が出ますので非常に簡単で早いです。「テルモ メディセーフミニ」は10cmほどの大きさで、持ち歩きにも大変便利です。

今後血糖値の測定を行っていく訳ですが、ただ血糖値を測定しているだけでは血糖値は改善しないと思います。大切なのは「この食事の炭水化物(糖質)は何gあるかな?」と空腹時血糖値の測定時に考えることです。それが習慣化すると、食後2時間の血糖値の測定予想も出来るようになります。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

スポンサーリンク

特定保健用食品のコーヒーお試し540円

糖質制限食ガイド



by 楽天市場

お知らせ

2012年4月からヘモグロビンA1cは、JDS値からNGSP値を使用するようになりました。当サイト内のヘモグロビンA1cはJDS値です。NGSP値に変換するには、0.4%加算して下さい。

糖質制限の主食

ソイドル

大豆麺ソイドル

糖質0.9g/1食110g

このページの先頭へ