バナナ 血糖値

バナナと血糖値についてです。


バナナは、果物の中でも栄養価が高く、腹持ちも良く、安価で食べられるため、日本国民に愛されてる果物です。


バナナには血糖値を上げる成分と、血糖値を下げる成分混在してますので、いろいろな意見が出ています。


そこで「実際のところ、血糖値にはどうなの?」という声をよく聞く訳ですが、


結論から言うと、糖尿病の方にはバナナはお勧めしません


それでは、血糖値に影響を与えるバナナの成分について解説いたします。


まず果物の糖質(g)の量を一覧表にしましたのでご覧下さい。


  果物名
糖質(果糖)の量
 バナナ1/2本
    15g
 リンゴ1/2個
    13g
 グレープフルーツ1/2個
    11g
 パパイヤ1/2個
     7g
 もも1/2個
     6g
 みかん1/2個
     6g
 イチゴ5粒
     5g

スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■バナナは、血糖値を上げる糖質が断然多い


糖質の一覧表をご覧頂くと、バナナの糖質が断然多いのが分ります。


五大栄養素である、①炭水化物(糖質+食物繊維)、②タンパク質、③脂質、④ビタミン、⑤ミネラルの中で、血糖値を上昇させるのは炭水化物の中の糖質だけです。


その糖質が断トツで多い訳ですから、当然のことながらバナナは、血糖値を上げます。



1食あたりの糖質量の記事にも書きましたが、Ⅱ型糖尿病の場合、糖質1gに比例して血糖値が3mg/dL上昇します。


しかしながら、果物の糖質=果糖に関しては、血糖値の上昇は通常の1/2ほどで済むと言われていますので、


・糖質1gに対して、血糖値3.0mg/dL上昇する。
・果糖1gに対して、血糖値1.5mg/dL上昇する。

と考えられます。


つまりバナナ1/2本(糖質=果糖15g)食べると、15×1.5=22.5mg/dLの血糖値上昇という事になります。


私はバナナ1/2本で22.5mg/dLも上がってしまうのか・・と考えますが、あなたはいかがでしょうか?



■バナナは、血糖値を下げる成分(食物繊維とカリウム)が多い


・食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにします。

・カリウムは、インスリンの働きを活発にします。


以上の観点から、バナナは食後の血糖値に良いと判断できますが、それ以上に1/2本で22.5mg/dLも血糖値を上げるという事を忘れてはいけません。


やはりバナナは、糖質が多過ぎるのです。そこでもう一度、果物の一覧表をご覧ください。


イチゴやみかんは、バナナに比べてかなり糖質が低めです。


イチゴ5粒なら、糖質=果糖5g×1.5=7.5mg/dLの上昇で済みますよね。やはりバナナは止めた方がいいですよね?


スポンサーリンク





サブコンテンツ

スポンサーリンク

特定保健用食品のコーヒーお試し540円

糖質制限食ガイド



by 楽天市場

お知らせ

2012年4月からヘモグロビンA1cは、JDS値からNGSP値を使用するようになりました。当サイト内のヘモグロビンA1cはJDS値です。NGSP値に変換するには、0.4%加算して下さい。

糖質制限の主食

ソイドル

大豆麺ソイドル

糖質0.9g/1食110g

このページの先頭へ