血糖値 眠気

血糖値が高くなると、眠気が襲う・・・

良く耳にする言葉ですが、

実際のところ、血糖値と眠気には、どのような関係があるのでしょうか?


以前に血糖値と寝不足の記事を書きましたが、

寝不足の方は、血糖値が高くなり、糖尿病になりやすいというデータをご紹介致しました。

実は血糖値と眠気にも、大きな関係が存在しています。


眠気は高血糖と低血糖の両方で起きます!


1、眠気と高血糖


食後に眠気を感じる方が多いと思いますが、

これは食後の高血糖と大きく関係しています。

食事で糖質を摂ると、血糖値は上がり、上がり過ぎないように

体内でインスリン分泌が起こります。


この大量のインスリンの分泌が、

脳に眠気の信号を送ると言われていますが、

まだ謎は解明されていません。


しかしながら、糖質制限食にしてから眠気が起きない私を見る限り、

高血糖とインスリン分泌量が、眠気に関係してる事は間違いない所ではあります。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2、眠気と低血糖


眠気は食後の高血糖時だけでなく、

低すぎる血糖値=低血糖の際にも起こります。


脳の働きを支えているのは、主に糖質エネルギーなので、

脳内の糖質が減少する(低糖質な脳)事で、

脳の働きが悪くなってきます。


すると脳は、お休みを取るように信号を出しますので、

眠気という症状が出てくるのです。


このように血糖値と眠気は非常に関係があり、

高血糖そして低血糖の両方で起きてきます。


それでは、

眠気の対処法は、どうすれば良いのか?


1、高血糖の場合、眠気の対処法


高血糖を起こさなければ、食後の眠気は抑えられる訳ですから、

糖質制限食カーボカウントを行なえば高血糖にはならないので、

眠気が起きずに済みます。


糖質を控え、食後に軽く運動をするようにして、

高血糖を防ぎ、眠気が起きない様にしましょう。


2、低血糖の場合、眠気の対処法


低血糖が起きる可能性がある方は、

糖尿病でインスリン注射または投薬がある方です。

特にインスリンを注射してる方は、低血糖から

眠気が起きる事が多いです。


眠気の症状が起きたら、血糖測定を行い、

もしも70mg/dL未満であれば、

糖質を摂って血糖値を上げて下さい。


命にかかわる低血糖レベル(30mg/dL未満)まで下げないためにも

「眠気」というサインに充分気を付け対処しましょう。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

スポンサーリンク

特定保健用食品のコーヒーお試し540円

糖質制限食ガイド



by 楽天市場

お知らせ

2012年4月からヘモグロビンA1cは、JDS値からNGSP値を使用するようになりました。当サイト内のヘモグロビンA1cはJDS値です。NGSP値に変換するには、0.4%加算して下さい。

糖質制限の主食

ソイドル

大豆麺ソイドル

糖質0.9g/1食110g

このページの先頭へ